結婚指輪銀座の情報サプリ

高級ジュエリーショップが建ち並ぶ銀座では、最近杢目金という伝統技術を活かした結婚指輪が人気なのです。

結婚指輪というのは、いくらで購入するのが妥当な金額なのかというのは、とても分かりにくいところがあります。

そこでよく言われるのが、結婚指輪は給料の3か月分が妥当という言葉ですが、実はこの給料の3か月分が妥当というこのセリフは、実は1970年代当時にイギリスのジュエリーメーカーが、コマ-シャルのキャッチコピーとして浸透させたセリフなのです。

なので特に、この給料の3か月分という金額にこだわる必要はないのです。

とは言っても一世一代の大事な結婚と結婚指輪、女性の期待値やプレッシャーもあるでしょうから、それなりに弾みたいというのが本音なのではないでしょうか。

では一体いくらくらいを、結婚指輪の購入金額に当てればいいのでしょうか?結婚指輪には妥協しないでそれなりの金額を出したいと思うのは、当たり前だと思いますが、その人の収入というのは職業や年代によってまちまちです。

そのため、その人の収入に見合った結婚指輪を選ぶのが、一番ベストです。

ちなみに平均的な婚約・結婚指輪の購入時の金額というのは、現在調べたところでは、年収の8%~10%といわれているそうです。

ただし先ほども述べたように、あくまで平均的な購入時にかける金額なので、無理をしないで個々に合った結婚指輪を選べばいいのではないかと思います。

ちなみに平均的な年収400万の8%というと32万ですが、やはりこれを見ると平均購入金額の25万~35万といったところに、ぴったり当てはまっているのがわかります。

◇結婚指輪に関するアンケート記事:http://getnews.jp/archives/476449

土曜日, 28 6月 2014 on 銀座の結婚指輪事情.

Comments are closed.